在宅薬局支援センター(医療機関の方)

在宅薬局支援センター

在宅薬局支援センターとは

基本方針

「地域包括ケアシステム」の構築を目指して、在宅医療を行う薬局の支援や在宅医療に関連する多職種との連携を行うための拠点(窓口)としての役割を担います。

 

事業内容

1.在宅訪問薬局の支援
  • 医療用麻薬・特定保険医療材料・衛生材料の案内及び供給システムの検討
    ・「医療用品の共有システム」
    (on-lineにより医薬用麻薬・医療材料等の在庫情報の共有および分割販売が可能)
    ・「医療材料共同調達システム」
    (基幹薬局が医療材料等を購入し分割販売が可能)
  • 連携薬局の紹介(主薬局薬剤師・副薬局薬剤師制)
  • 薬局間の協力体制の構築
  • 薬局からの相談・対応
  • 制度・情報集約と発信
  • 薬剤師研修  など

 

2.在宅医療に関連する各医療機関及び多職種との連携

  • 医療機関・訪問看護ステーション等への薬局紹介・情報提供および相談・対応
    薬局情報は 「在宅訪問できる薬局検索システム」(県薬剤師会HP)に掲載
  • 市医師会との連携(松山市在宅医療支援センターとの連携)
    地域医療連携の在り方、薬局の参加促進の具体的な進め方等の検討
    多職種連携研修会の企画・開催
    松山在宅医療連絡会への参加(松山市のみ)
  • 行政との協働  など

 

3.県民に対する在宅医療の相談窓口

  • 近隣薬局の紹介、情報提供、相談・対応
  • 在宅医療の普及活動
    市民公開講座、行政の広報  など

 

在宅薬局支援センターとは(PDF:964KB)

在宅訪問のできる薬局検索システム

在宅訪問のできる薬局とは・・・?

少子高齢社会の進展に伴い、ご自宅や施設で療養される患者様が増加しています。

 

ご自宅や施設での療養におきましては、多くの場合医薬品が使用されており、薬学的管理や適切な指導が必要となります。しかし、「訪問サービスを行う薬局がどこにあるかわからない」という声が医師、訪問看護師やケアマネジャー、そして、退院後の療養生活を調整する病院の薬剤部や医療連携室等からも、聞かれるようになりました。

 

そこで、上記の社会的ニーズに応えて薬局が在宅医療の一翼を担うため、在宅医療に積極的参加する薬局のリストを掲載しました。薬剤師の訪問サービスは、医療・介護保険制度を利用して受けることができます。また、介護保険の利用限度額には含まれません。医薬品に加え医療・衛生材料・介護用品等の相談にも応じます。

 

在宅医療・介護の関係者はもちろん、一般市民の皆様にもご覧いただき、薬局選びの一助としていただければ幸いです。

 

愛媛県薬剤師会では、積極的に在宅訪問に取り組んでいる薬局を「在宅訪問のできる薬局」としてご紹介しています。
地域や条件から「在宅訪問のできる薬局」を検索できますので、薬局選びのご参考にご利用ください。

薬剤師の在宅訪問について

寝たきりの方やなんらかの理由で通院が困難な方などに対して、薬剤師が患者さんのお宅を訪問し、お薬についての説明や管理のお手伝いをします。

 

薬剤師が訪問することで、患者さんの生活環境、薬剤の服用状況、残薬の有無及び薬の飲み合わせなどを把握することができ、それをもとに医師・看護師・ケアマネジャー・ヘルパーなどの他職種に情報提供を行うことで、患者さんごとに適した服薬の提供が可能となります。

地域から検索しよう!

下記の地図からお探しの市町村名をクリックしてください。

上島町 松山市 松前町 今治市 伊方町 大洲市 伊予市 八幡浜市 東温市 西条市 新居浜市 四国中央市 砥部町 久万高原町 内子町 西予市 鬼北町 松野町 宇和島市 愛南町