かかりつけ薬局

かかりつけ薬局

「かかりつけ薬局」を持ちましょう

医師が治療に必要な薬の名前や使用方法を処方箋に書き記し、薬剤師が調剤することで薬の使用の安全性を高めることを目的とするのが「医薬分業」です。

 

この医師から出された処方箋は、最寄の薬局に持って行って薬剤師に調剤してもらいます。

 

処方箋を持ち込む薬局は自由に選ぶことができます。自宅の近くやあなたが信頼の置ける薬局を「かかりつけ薬局」に決めてください。

複数の医師にかかった場合でも、あらかじめ決めた1ヶ所の「かかりつけ薬局」で調剤を受けることが大切です。

 

「かかりつけ薬局」では、あなたの体質、薬物アレルギー、服用中の薬や過去服用していた薬について質問し、処方された薬と共に薬歴簿に記録して、あなたの薬の管理に役立てます。

「かかりつけ薬局」の仕事

「かかりつけ薬局」ではこのようなことをしています

  • 薬歴簿(薬の服用記録)の作成。
  • 相互作用(薬の飲み合わせ)のチェック。
  • 市販薬との相互作用の確認。
  • 服薬指導(薬の服用についての説明)や、必要な場合は文書での説明。
  • 重い透析液などの持ち帰りが困難な薬の配達。
  • 寝たきりや体の不自由な方のご自宅をお訪ねし、薬や介護用品についてのアドバイスを実施。
  • 休日や夜間などの対応。

 

そのほか薬に関するどんなことにも相談に応じています。

かかりつけ薬剤師について

「かかりつけ薬局」と「かかりつけ薬剤師」

「かかりつけ薬剤師」とは、「かかりつけ薬局」同様あなたの薬歴や体質体調を管理し、適切な調剤を行ってくれる人のことをいいます。

 

「かかりつけ薬局」に薬剤師が一人しかいない場合は、患者さんの同意のもと、その人を「かかりつけ薬剤師」とすることができます。しかし、複数の薬剤師が働く薬局もあります。もちろん、調剤した患者さんの事は、その薬局のどの薬剤師でも把握していますが、患者さんからすると、病院の主治医のようなもので、自分の薬や体のことを継続的によく理解している薬剤師さんの方が安心できると思います。患者さんが選択した薬剤師を「かかりつけ薬剤師」とすることができます。

健康手帳・おくすり手帳

健康手帳・おくすり手帳を活用しましょう

高齢者の方は、本人のみならずご家族の方も服用する薬をきちんと把握しておくことが必要です。

薬局では薬のカルテとも言える「おくすり手帳」を配布しており、これによりあなたの薬の情報を管理することができます。

 

市町村では「健康手帳」を作成・配布しています。

医師の診察を受けたときや薬局で処方箋による調剤した薬を受けとるときは、これに病名・検査結果・薬の名前・血圧の変化などを記入してもらいましょう。

「健康手帳」をお持ちでない場合は、「おくすり手帳」をご利用ください。